スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Tim's Kids児童英検
Hello mommies! ティムちゃんです!!! 何時もお世話になります! これから、このブログで、私は児童英検の情報について乗せます。 以前、携帯で保護者たちに連絡が case-by-case 難しかったので、みんなさんに時々このブログを見て頂きます。 みんなさんのカキコミOkです。 ティムちゃんだけ見て欲しい場合は、「管理者にだけ表示を許可する」を使って下さい。 よろしくお願い致します! では、 ティムちゃんです!!!
児童英検
スポンサーサイト

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

【2009/06/03 12:33】 | Timちゃんダイアリー | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
<<東区Tim's Kids(親子英会話) | ホーム | 姪浜で0歳から楽しく愉快な英会話教室>>
コメント
初めてのカキコミ。。。長い~!
お母様がた、こんにちは。いかがお過ごしですか?いつもお世話になります。ついに、こんなにたくさんのお母様がたに、いっせいに私のブログを利用していただくことができるようになり、大変うれしく思っています。次のメッセージは、今年6月の児童英検情報に関するものです。

まず、今年の英検に向け、Tim's Kidsのすべてのクラスで準備が順調に進んでいること、いえそれどころか、スケジュールとしては、昨年より少し先に進んでいることをお伝えできることをうれしく思っています。その結果、新しいコンセプトを紹介しながら、カリキュラムを先に進めることができ、クラスによっては、読み書きにも取り組むことができるようになっています。お子さんに筆記の宿題が出ているのにお気づきの場合は、私が、sight readingと呼ばれている単語(目で見て覚える単語:よく登場するがフォニックスのルールに当てはまらない単語)を教えようとしているとご理解下さい。sight readingから単語のゲームに進み、さらにやがては絵本へと進んでいきます。重要なポイントは、Tim's Kidsの生徒たちには、小学校で英語を学んでいる子どもたちに一般的に求められている習得度を、超え続けていてほしいと私が強く願っているところにあります。端的に言えば、たとえ、お子さんが1年生や2年生であっても、小学校英語のレベルでいえば、5、6年生に相当する内容をTim's Kidsのクラスで学習いるということです。言いかえれば、小学校でほとんどの生徒達が英語活動で行っている内容より、お子さんは、すでにずっと先のことを学んでいるということです。この点をふまえた上で、次の重要なポイントへ進みます。現在の私の小学校での仕事のことです。私が訪問しているすべての小学校が、私に、今年は5年生だけ教えてほしいと言いました。これまでは、低学年もしくは中学年ばかりを教えてきていました。高学年を教えるのは、新たな経験です。もちろんTim's Kidsにも高学年の生徒がいますが、小学校での新しい年間カリキュラムを経験すると、目を見開くような経験をします。まず、低学年や中学年を教えていたときのように、高学年との授業を楽しんでいたかどうか、私自身がよくわかりません。でも今は、5年生ととても楽しくやっていますし、5年生向きの小学校でのゲームも学んでいます。5年生ともなると年齢的に中学校入学もそう遠い将来ではないとはいえ、小学校のほかの学年の子どもたち同様に笑ったり、楽しんだりしています。心身ともに、彼らは、低学年の子どもたちより進んでいても、実は、心底はこどもであることに違いはありません。また別の機会に、小学校での高学年への指導のことや英語活動の内容について、もっとお話したいと思いますが、さしあたり、このメッセージは、今月児童英検を受ける予定のお子様をお持ちのお母様がたのためのものです。みなさんのお子さんは、とても順調に上達しています!!!Thank you!長いカキコミごめんなさいね。 お気軽にカキコミして下さいね!  でわ、
ティムちゃんです!!!
【2009/06/05 21:55】 URL | ティムちゃんです!!! #-[ 編集] | page top↑
今日から児童英検のテスト週間が始まりますよ!
Tim’s Kidsの保護者のみなさま、おはようございます。 今日から児童英検のテスト週間がはじまります。昨夜、 Bronze(初級)のテスト問題を聞いてみて、私の生徒は、みんなとてもうまくいくと確信しています。小学校で5年生を教えていて気づいたことがひとつあります。それは、英語のテストでうまくいくには、単語や会話表現がたくさん必要だということです。だから、Tim's Kidsの年間カリキュラムにおいて、それに私が小学5年生を小学校で教えていて気づいたことなど、テスト前にこどもたちに充分な準備をさせてあげることができてうれしく思っています。正直なところ、テストにはいくつか私がまだ子ども達に教えたことのない単語などもありますが、これらのわずかな単語やフレーズは、今週の児童英検の全体的な結果にたいした影響を与えるものではないでしょう。保護者のみなさま、私を信頼して私に毎週子ども達を指導させていただきありがとうございます。本当に感謝致しております。 See you in class today! では、 ティムちゃんです!!!
【2009/06/23 10:04】 URL | ティムちゃんです!!! #-[ 編集] | page top↑
児童英検をお疲れ様です!
2009年度児童英検を受験したお子さまの保護者のみなさまお疲れ様でした! 今年の児童英検は、子ども達が、話し言葉としての英語を理解する上で、得意とする部分と、苦手とする部分を見つけるのに大きな手助けとなりました。また、このテストはネイティブスピーカーの私から英語を学ぶ子ども達に、これから先のステップとして何が必要かを知る手助けにもなりました。新しい英単語、日常に使う英語のフレーズ、教室英語、アルファベットやフォニックスそれにサイトリーディングなどの習得に関する努力などが、児童英検だけでなく、日本で英語のテストを受ける上で必ず必要なツールであり技能だと私は考えます。Tim’s Kidsの英語指導方法は、特に幼児に関しては、遊びながら、楽しみながらが、習得や記憶には一番良いというコンセプトに基づいているという一方で、児童英検は子ども達の進捗の度合いをはかる良い方法だとも思っています。

また、次のレベルにすぐに進まずに、同じレベルのテストを2回受けることを私がお勧めしている理由は、お子さまと保護者と私の3者で、前年度の結果と今年度の結果を照らし合わせて、進捗状況を知ることができるからです。高い教育水準は、指導者である私にとってとても重要なことです。児童英検で、それが証明できます。保護者のみなさま、私を信頼して、お子さまをあずけてくださっていることにあらためて感謝致します。夏の間は、少しリラックス気分で、子ども達と時を過ごしたいと思います。夏の間に、これまでのおさらいと9月からの新しいレッスン内容に関する準備をします。夏の間は、旅行に行ったり、お盆で帰省したりする方が多いので、新しいカリキュラムを紹介するには、あまり良い時期ではないと思います。夏期休暇をとった子ども達は、新しいアイディアを目にする機会がないので、次に来たときに戸惑ってしまいます。さて、児童英検が終わりました!この夏、子ども達ととても楽しいことをして過ごすのを楽しみにしています。 では、ティムちゃんです!!!
【2009/06/27 15:11】 URL | Timちゃんです!!! #-[ 編集] | page top↑
児童英検の結果です!!
Tim's Kidsの保護者のみなさまこんにちは。暑い日が続きますが、お元気ですか?いつもお世話になります。みなさま楽しい連休を過ごされましたか? さて、心おどる思いで、児童英検に関してとても良い結果報告のメールをしています。正直、本当にその結果にとても満足しています。とりあえず、以前私が児童英検についてお話したことをくり返しお伝えしたいと思います。私は、保護者のみなさまに、お子さまにテストをうけさせてほしいとお願いしました。それは、私のレッスンは楽しくて、子ども達が英語を使ってたくさんゲームをする一方で、私が次のようであるべきだと思っているかららです。
1)子ども達の実際の英語習得度を保護者のみなさまに明らかにする責任がある
2)照準を公立小学校のシステムよりずっと高いレベルに設定すべきである
3)公文や他の塾などに勝るべきである
簡単にいえば、Tim's Kids独自の標準というものがあるべきだということです。
テスト結果が来ています。これが立証資料となっています。今週、みなさまにお子さまのレポートカードをお渡しする予定です。そのレポートカードを見れば、お子さまが各セクションでいかに良い結果を出しているかが説明してあります。レポートカードの左側にはしごみたいなものがあります。それは、次にお子さまがどのレベルのテストを受ければよいかをお勧めするものです。私としては、同じレベルのテストを最低でも2回受けていただきたいと思っています。それは、お子さまが、本当に上達しているかどうかを確実に判断することができるからです。それと同時に、どの部分が、お子さまにとってやや不得意な部分なのかを明らかにみつけられるからです。来週、児童英検の賞状をお渡しする予定です。西区の教室はお休みですので、レポートカードは次の週に、賞状は来月お渡しします。今回テストを受ける機会がなかったどのお子さまにも次の機会がありますから、ぜひベストをつくしてもらいたいと思っています。最後にこの結果が意味することと、なぜ私がこんなにも喜んでいるかということについてもうひとつコメントしたいと思います。私は、小学校で、長年にわたり、低学年を教えています。
最近では、高学年を教えるよう頼まれることが多くなってきています。もちろん
1,2年生も教えてはいますが、今年は、おもに5年生を教えています。Tim's Kids
の1,2年生のBronze賞の平均点は80点くら いでした。小学校の英語活動だけをしている1,2年生にはとてもこのような結果に到達するのは無理でしょうし、5年生でさえ、このような結果に達することはできないのではないかと思います。学校で、通常の1,2年生には十分な情報を学ぶ時間もありませんし、学校が児童英検の準備をするようなこともありません。みなさまのお子さまたちは、英語に関しては、一般の小学生より先を歩んでい
るということです。そして、今ABC、単語、サイトリーディングなどを学んでるお子さまたちが、いったん児童英検の3級、2級、1級を終えたら、今度は、英検の準備に進んでいきたいと思います。これは、中学や高校の試験レベルですからまだ先のことにはなりますが。うれしいことにその準備にかける時間がたっぷりあるということです。お子さまの英語教育に関して、私を信じてついきてくださることにあらためてお礼申し上げます。 でわ、
ティムちゃんです!!!
【2009/07/22 13:15】 URL | Timちゃんです!!! #-[ 編集] | page top↑
参加について
初めまして!私は、3ヶ月の娘がいます。参加をしたいと思っていますが、いつから可能ですか?また、私は全く英語ができないので、不安です。大丈夫でしょうか?
【2011/01/28 09:04】 URL | 津田 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://timskids.blog62.fc2.com/tb.php/18-389a0ced
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。